All posts by juku-career

利便性が良くても狭いのが悩みの賃貸マンション

中古バイク

現在、都内の賃貸マンションに住んでいますが、この地域が気に入っているので、別の場所に引っ越すつもりはありません。

かといって、今の住まいは家族3人で住むには狭いので、常にこの地域でもう少し広いマンションはないかと不動産屋をのぞいたり、ネットで検索をしています。

近所に住む周りの友人は、すでにマンションや戸建てを購入している人が多く、やはり一生このあたりに住むと決めているようです。

私も本当はそうしたいのですが、賃貸マンションに住んで8年。賃貸マンションの良さをずいぶんと味わってしまったので、なかなか購入に踏み切れません。

賃貸の何がいいかというと、まずは備え付けのエアコンやガス湯沸かし器などが故障した時に管理会社が駆けつけてくれて、修理したり取り替えたりしてくれることです。

また、トイレやキッチンなどの水回りの故障も管理会社が全て対応してくれます。

 

万が一、近隣の騒音トラブルや近所付き合いのトラブルなどがあった際には、引っ越すこともできます。

実際、以前住んでいた賃貸マンションでは、マンション修繕の騒音がひどかったり、周辺の水道管工事が長期に渡り騒音に耐えられなかったので、3年で引っ越しました。今住んでいるマンションは奥まった場所に建っているので、ほとんど無音に近い状態で、音に悩まされたことはありません。

同じマンションの方とのお付き合いも、賃貸のため入れ替わりが激しく、それほど親しくなりすぎることもなく、ちょうどよい距離感でお付き合いすることができるのでとても気楽です。

このような賃貸の気楽さが心地よいと思う反面、今後の子どもの成長を考えると、もう少し広い方がお友達を呼んだりできるので、もっと広いおうちを買いたいなとも思っています。

ただ現在の収入から考えると、買うなら郊外になってしまうので、気に入っているこの地域から離れることになってしまうのが悩みです。

新築一戸建て注文住宅

中古輸入車も高く売れる

義理の親が家を新築しました。工務店で頼んで注文住宅を依頼しました。家の間取りの設計図を工務店が書いてきてくれてそれに希望を付け加えていきました。

まず、義母の第一希望は、サンルームを作る事でした。土地がすごく日があたる場所のため二階にサンルームを作って洗濯物や布団を干すのが楽しみな様でした。

また、子供達は皆独立していますが、法事などで集まる際に、みんなが泊まるために広い部屋と布団が沢山収納できる場所が欲しいとの事でした。

主人の所にもFAXで設計図が送られて来ましたので、一緒に見せてもらい我が家はマンション住まいなのでとても新鮮で楽しみでした。

そこから、サンルームを取るか、皆が帰省するときのために一部屋増やすかで少し揉めましたが結局義母の住まいなので義母の要望第一にしようとまとまったみたいです。

トイレは、うちには子供が沢山居るので一階と二階にあると嬉しいなと思いましたが希望は叶いました。

そして、古い家の取り壊しが終わり遂に地鎮祭というものをやるので、会社を休んで参加する様にとの指示がありました。兄弟は全員参加です。

正直、地鎮祭というものを知らなかったのですが家を建てるのも色々やる事があるのだなと思いました。

そして、家が完成しました。完成してから新築祝いにお邪魔しましたが私のイメージしていた家よりずっとスタイリッシュで洗練されていました。周りは、畑や川なのですが風景にも溶け込み本当に素敵でした。

家の中もすごく新しくなっていて日当たりも良くて、お風呂もトイレも最新式で全てバリアーフリーで階段も危なく無い作りになっていました。

そして義母が1番希望していたサンルームですが、本当に本当に作って良かったと嬉しくなりました。そこからの眺望が最高でそこに干した布団に寝転がりながらくつろぐのが最高です。

私達も泊まるのが前より楽しみになりました。お庭も少し手を入れて子供たちが夏にはプールや砂遊びが出来るので助かります。

建てるまでは、大変な事もありましたが義母も新しくなってとても嬉しいみたいなのでみんなが嬉しくなりました。

学資保険に助けられました。

6歳と1歳の男の子を育てています。
正社員として働いていますが、収入はそこまで多くはありません。
子供手当をなるべく使わないように母子手当と給料でぎりぎりの生活をしています。
上の子供が無事小学校に今年入学しましたが、想像以上に準備のお金がかかることに驚きました。

安全な車買取

ランドセルが高いうえに教材費が重なり、ヒーヒーでした。
他にも机などを購入したのでひと月分の給料が泡のように消えて、
今月どうしよう。と悩んでいたときに、学資保険の契約会社から電話がきました。
私自身学資保険は子供に何かあったときの医療の面で加入していたので
入学でお金が降りることをすっかり忘れていました。
これはラッキー!月々の支払は大変だけど入っててよかったー!

上の子が入院をした時は仕事に行けずその月の収入がほぼ0なんて時もありましたが、
1日5000円の入院費がおりたのでなんとか生活できました。
高額医療費の制度もあってほぼ賄えることができたのでダブルで助かけてもらいました。
1人の収入で生活3人生活しているので万が一の為に保険は大切だと改めて感じます。
我が家に父親はいませんが、父親のいる家庭の子供と同じように育てて行くことも日々の目標にしています!
子供達に不自由な思いをさせたくないし、やりたいことはなるべくやらせてあげたい!
習い事もスポーツも子供の才能を少しでも伸ばせたらいいなと思っています。
少し話が反れてしまいましたが、学資保険の大切さが身に染みて感じられました。
ありがたいです。

学童保育というサービスにとても感謝

 

安全な車検

女の子をが1人いるシングルマザーです。
子供は、今ではも高校生になりますが、離婚したのは子供が小学生の頃だったので、何とかかんとかここまでこれたのは、周りの方の協力なしでは、とても無理だったのではないかと思います。
特に、離婚した当初は、フルタイムで働かなければいけなくなってしまったので、まず仕事探すのが大変でした。
当時私はもうすでに、30代だったので、仕事を探す年齢としては、決してやさしい年齢ではありませんでした。
しかも、ある程度の収入がないと、生活が成り立たないので、そのこともあり、本当にあの時は大変でした。
派遣ではありますが、なんとか仕事が見つかってからは少しずつ軌道にのるようになりました。

小学生の時は、学校に、学童保育というのがあったので、そちらにお願いをしていました。
学童保育というのは子供が学校から帰ってきてから夜まで面倒を見てくれるところです。
私がお願いしていたところは夜の7時まで見てくれるので、多少の残業も可能でした。
本当にこちらの学童保育には、とても感謝しています。
子供と2人暮らしだったので、子供が家に帰ってきても誰もいませんから、それだったらたくさん友達がいる学童保育の方が、絶対良いと思っていました。
結局、小学校5年生まで来てもらうことができました。
6年生は、基本的にはもう大きいので、預からないという方針もあったので、5年生までにしました。
そちらでは、ちょっとした遠足のようなことや、イベントなどよくやってくれていたので、私のよく身に行っていました。

将来住みたいお家の理想が目の前に!

古いトラックでも売れる

去年の夏に一戸建ての賃貸からマンションに引っ越しました。分譲です。

なので、自由に部屋をいじれるのでインテリアとかが好きな私には嬉しい条件でした!

今の部屋が和室なんですが、引き継が終わったあと、まだ家具とかを入れる前に数日新しい家に通ってペンキで壁を塗ったり、フローリングにするためにクッションフロアを購入してリメイクしました!

そして引っ越す時には既に洋風に仕上げていて、友人とかにも凄いって言ってもらえたのが嬉しかったです!笑

間取り自体は1人一部屋あって良いんですが、収納が少なかったり、坪数で言うと前の家より狭かったりするんですが、自分でリメイクできるのが私にとったらすごい良くて、考えれば壁をぶち破って収納を作ったりすることもできるんだって思うと妄想ばかりが広がります(笑)

現在はあれから、襖とかもDIYしたりして、自分の好みの部屋を作り上げていってます!まだリビングとかはそのままですが、いずれ何かしてみたいなって思ってます。

私がここまでインテリアとかにこだわるのは学生の時に建築を学んでたってのもあるのですが、小さい時からリフォームの番組とかを見るのが大好きで、今はネットでちょっと検索するといろんな人のDIYの記事とかがあって、真似したいとかこれなら自分でもできそうとか、たくさん資料があるのでとてもワクワクしてこの家に引っ越しました!

でも、やっぱり金銭的に思うようにできないこともあったりして。

そんな時に散歩していたらたまたま近くのマンションの前を通りかかったんですよ!外見からすごく綺麗でうっさら見える家の中のシルエットがマンションなのに階段があるような家ですごく私の理想だったんです!!

将来はこういう家に住みたいって気持ちがすごく高まりました(笑)

そういう家に住んで、自分流にアレンジするのが夢で。でもそれまではここの家で過ごすから、できる限り自分の理想に近づけるようにこれからもリメイクやDIYしていきたいなって思ってます!

シングルマザーになって良かったこと

私はシングルマザーになって、性格が明るくなりました。今までは家庭に縛られていたように感じます。同じシングルマザーの友達と、子供たちを連れて出かけることが増えました。

お互いに同じ悩みを抱えているので、気兼ねなく何でも話せることができます。帰宅時間も、気にしなくてもよくなり、夜ご飯を一緒に食べて花火大会に行ったり、旅行に行ったりするようになりました。夜ご飯を作るのも、子供たちのリクエストに合わせて作ったり、簡単に済ましたりなど、気が楽になってきました。

事故車でも売れる

気持ちに余裕ができたことがうれしいです。自由になれたことでストレスから解消され、自分の時間を持つことができ、友達や子供との時間が増えて笑顔が増えてきました。

学校が休みの土曜や日曜日が楽しみになりました。毎週のように、友達の家族と遊びに行っています。お金に余裕はありませんが、公園に行ってお弁当を食べたり、買い物に行ったりと、楽しい時間を大切にしています。

パーティーもたくさん計画しています。子供たちだけでなく、自分たちの誕生日パーティーやハロウィンパーティーやクリスマスパーティーなど、手作り感たっぷりの季節の行事をしています。

今のところは、男友達はいません。気になる人はいますが、怖くて一歩が進めません。周りを見ていると、再婚をして子供を作って幸せそうにしている方もいます。今はまだいいかなと思っています。将来的にはわかりませんが、今は女同士の時間を大切にしています。

FBからのダブルうれしい再会

一年ほど前からテレ朝のご長寿番組『渡辺篤史の建もの探訪』を見続けています。私の父が実家を建てる際の参考にしていたのか、子供の頃は日曜朝のアニメが終わった流れでよく見ていましたが、まさか今の今までやっていたことを全然知らないでいました。

きっかけは、他の友達を介してなら仲良く遊べるかな~ぐらいの間柄の中学時代のクラスメイトからの友達申請でした。彼女にとってはただのからかいだったのかもしれませんが、私はそれをうまく交わせず軽いいじめと受けてしまうタイプ。だから突然彼女から申請がきた時には正直、「そんなに仲良くなかったのになんでだろう?」と一瞬考え込んでしまいました。

気になる人がいるとストーカーチックにその子のプロフィールを調べ上げてしまう私は、お気に入りのTV欄に『渡辺篤史の建もの探訪』と懐かしいタイトルを発見。

見るようになったきっかけが知りたくて、すぐに承諾ボタンを押してその友達に理由を尋ねると、その答えからDIYやセルフリフォームに興味がある子だということがわかったのです。

意外な共通点が見つかって、学生の頃より今の方が仲良しです。

それにしても建もの探訪、私が初めて見た小学生の頃からよくまあ今まで続いてるなぁ~と感心ひとしきりです。放送回数はもう1300回くらいを超えているので、紹介された時は小学生だったのにその子が大人になって建てた家の隣に懐かしの実家がどこか小さくたたずんでいる…なんて光景を目にすることもたまにあります。

小学生の頃は日曜の朝10時ごろのまったりとした時間にやっていた番組だったのに、時を経てまたお目にかかれるなんて、知ったときはどんなにうれしかったことか…。

渡辺篤史さんもだいぶ白髪が目立つようになり、一回りは小さくなった気がしますが、それでもお決まりの「はぁ~!」とか「ほぉ~、ご主人、」などの感嘆詞の連発がこの番組の変わらないクオリティを実証している気がします。

時代は変わり、紹介される家の設備も共働きしやすいような動線上に物が置かれていたり、家族構成も夫婦二人だけだったりずいぶん年の離れた夫婦だったりしますが、相も変わらず渡辺さんはその家のいい所に目を向けて褒めるのが本当に上手だと思います。

これからマイホームを、と思い描いている人にはピッタリの上質な番組です。

土曜朝5時、ムリなら私のように録画してゆっくり見るのをお勧めします。とびっきりおいしいコーヒーとお菓子を傍らに見てるだけでリッチな気分になれる稀有な番組ですよ。